2010年11月25日ヤンバルマイマイ
コラム

Flashを使っていない動的なホームページ~HTML5/Javascript/CSS3~

こんにちは。
ヤンバルマイマイです。

近頃、スマートフォンの登場により、
「Flashを使用したホームページが閲覧できない」
という話がIT業界だけでなく、
一般ユーザーの間でも話題になることが多くなってきました。

業界内でもFlashを使用しないホームページ制作が、
一部では推奨されつつあるものの、
クライアントであるお客様から、

「かっこよく動きのあるホームページをつくりたい!」

というリクエストをまだまだ多くいただくので、
Flashでの制作はまだ続いていくのだろうと思っていました。

しかし、近頃、
HTML5やCSS3、Javascriptをうまく活用し、
Flashを使用しなくても、
十分かっこよく動くホームページが多く見られるようになって来ました。

今日はそんなホームページを少しご紹介したいと思います。

Flashを使っていない動的なホームページ

A4折形

A4用紙で作ることができる「祝ひ袋」や「ぽち袋」などのA4折形の作品集のホームページです。
派手な動きはありませんが、気持ちの良いユーザーインターフェースをサポートしています。

松本クリニック

病院のホームページです。
メニューを押すと、ページ構成の並びが、心地よくスムーズに変わります。

ALEX BUGA

海外のデザイナーALEX BUGAさんのホームページです。
画面のあちことをマウスで触ると、次々に動くアニメーションが楽しいです。
しかし、これもFlashを使っていないというのが驚きです。

Apple

iPhoneやiPadなどで現在世間をにぎわせているアップルのホームページです。
こちらも派手な動きはありませんが、細かなユーザーインターフェースが快適です。
Flashを使っていないだけでなく、HTML5で設計されている点にも注目です。

ユーザーインターフェースを大切にするホームページ制作

いかがでしたでしょうか?

ほんの少しでしたがどのホームページもFlashを使用せず、
動きのあるページに仕上がっていることを体感いただけたのではないでしょうか?

今回取材した中でとても強く感じたことは、
今まではインパクトのある派手な動きで、
ユーザーをひきつけひきとめようとしていましたが、そうではなく、
閲覧するユーザーがボタンやメニューを触って、

「心地いい」「気持ちがいい」

と、感じてくれるような「UI(ユーザーインターフェース)」を提供することで、
そのホームページの閲覧時間が長くなったり、
ひいてはブランドイメージの向上にも貢献しているのではないか、
ということをとても実感しました。

みなさまのホームページはいかがでしょうか?

ホームページのリニューアルをお考えの方は、
「ホームページ更新倶楽部」へ、
ぜひ一度ご相談ください。