2013年10月4日長尺骨
Illustrator

イラストレーターの不透明マスク機能

初めまして、ザッキーと申します。
これからたまに記事を書くことになりました。よろしくお願いします。

私は主にイラストレーターの機能の紹介等をしていこうと思っています。
今回は不透明マスク機能の紹介です。

不透明マスクとは

不透明マスクを一言で言うなら、
「グラデーションのオブジェクトでクリッピングマスクをする機能」です。
具体的にどうなるのかと言うと、イラレ上で画像の輪郭をぼかす等の処理ができるんです。

実装されたのはVer.9からと、思ったより古い機能なのですが
昔はあまり使用されていなかったそうです。

実は私は最近までこの機能の存在を知らなかったのですが、
CS6では透明パネルに「不透明マスクを作成」ボタンが追加になったので
知っている方は多いのではないでしょうか。

やり方

私のように知らなかった!という方のためにやり方の紹介です。

1.クリッピングマスク同様に写真などの上にマスクしたいグラデーションオブジェクトを配置。

2.両方を選択して透明パネル右上のオプションをクリック、「不透明マスクを作成」をクリック。

3.完成です。

mask1

黒の部分がマスクになっているのが分るかと思います。
不透明マスクを適用した後でも、グラデーションパネル等でマスクが弄れます。
上下だけをぼかしたり円形にぼかしたり、ぼかし具合を調節できるので中々便利です。

もちろんイラストレーターで不透明マスクを使うよりフォトショップで画像処理をした方が細かな編集が出来ますし、
その方が仕上がりも良くなると思うのですが、全体のバランスを見る為や
納期が迫っている時には活用できそうです。

それでは今回はこの辺で。